東京新聞のニュースサイトです。ナビゲーションリンクをとばして、ページの本文へ移動します。

トップ > 特報 > 特報一覧 > 記事

ここから本文

【特報】

「武装難民」危機植え付け 「国難=非常時」政府批判封じ

 核・ミサイル開発を加速する北朝鮮と、軍事行動も辞さない構えのトランプ米政権の挑発合戦がエスカレートする中、安倍政権内では強硬論が横行してきた。その極め付きが、麻生太郎副総理兼財務相の「武装難民射殺」発言だろう。難民への偏見を助長する暴論である。「戦争前夜」のムードをあおりにあおった末、ついに安倍晋三首相は、北朝鮮危機を「国難」と称して衆院解散・総選挙に打って出る。強気一辺倒で突き進んでいいのか。 (皆川剛、橋本誠)

 

【こちらは記事の前文です】

記事全文をご覧になりたい方は、東京新聞朝刊をご利用ください。
東京新聞は、関東エリアの駅売店、コンビニエンスストアなどでお求めいただけます。
「東京新聞電子版」なら全国どこでも、また海外でも、記事全文が紙面ビューアーでご覧いただけます。


購読・バックナンバーをご希望の方は「新聞購読のご案内」をご覧ください。

掲載日やキーワードから記事を探す「記事検索サービス」もご利用ください。

この記事を印刷する

PR情報