東京新聞のニュースサイトです。ナビゲーションリンクをとばして、ページの本文へ移動します。

トップ > 特報 > 特報一覧 > 記事

ここから本文

【特報】

本当の争点は、有権者の主権者意識

 スローガンによる刺激とムードに流される政治が続いている。打ち上げられた政策が行き詰まっても検証や説明はされず、目新しいスローガンが失敗をぬぐう。議論も熟慮もないネオンの林立。議論のなさは政党でも貫かれている。衆院選をめぐる昨今の混乱が好例だ。なぜこうなったのか。一因として、有権者の「消費者感覚」もあるのではないか。衆院選では、流されずに考えるという主権者意識の回復も問われている。 (白名正和、大村歩)

 

【こちらは記事の前文です】

記事全文をご覧になりたい方は、東京新聞朝刊をご利用ください。
東京新聞は、関東エリアの駅売店、コンビニエンスストアなどでお求めいただけます。
「東京新聞電子版」なら全国どこでも、また海外でも、記事全文が紙面ビューアーでご覧いただけます。


購読・バックナンバーをご希望の方は「新聞購読のご案内」をご覧ください。

掲載日やキーワードから記事を探す「記事検索サービス」もご利用ください。

この記事を印刷する

PR情報



ピックアップ
Recommended by