東京新聞のニュースサイトです。ナビゲーションリンクをとばして、ページの本文へ移動します。

トップ > 特報 > 特報一覧 > 記事

ここから本文

【特報】

危うい日本の人権状況 国連人権理が200超の勧告

 加盟各国の人権状況を審査する国連人権理事会は今月、日本に対し、二百項目超の勧告を行った。中でも、福島原発事故の被災者への日本政府の対応をドイツなど複数の国が批判し、自主避難者への支援の継続などを求めた点が注目される。ほかにも沖縄、朝鮮学校、ヘイトスピーチなど、勧告は多岐にわたる。そこから透けて見えるのは、日本の人権状況の危うさだ。審査に参加した人権団体などは、日本政府が勧告を受け入れるよう強く求めている。 (大村歩、皆川剛)

 

【こちらは記事の前文です】

記事全文をご覧になりたい方は、東京新聞朝刊をご利用ください。
東京新聞は、関東エリアの駅売店、コンビニエンスストアなどでお求めいただけます。
「東京新聞電子版」なら全国どこでも、また海外でも、記事全文が紙面ビューアーでご覧いただけます。


購読・バックナンバーをご希望の方は「新聞購読のご案内」をご覧ください。

掲載日やキーワードから記事を探す「記事検索サービス」もご利用ください。

この記事を印刷する

PR情報