東京新聞のニュースサイトです。ナビゲーションリンクをとばして、ページの本文へ移動します。

トップ > 特報 > 特報一覧 > 記事

ここから本文

【特報】

森友審議で透けた政権の「治外法権」化

 特別国会は会期末を迎えるが、森友学園への国有地売却問題は会計検査院の報告により、一段と不透明さが増した。審議を通じて浮かび上がったのは、自らを「治外法権」化する政権の異様さだ。大企業の不正検査を叱責(しっせき)しつつ、自らの行政運営には大甘裁定という二重基準。無理筋の話の連発だ。森友疑惑は単なる金銭スキャンダルではない。問われているのは政権の「独裁」体質といえる。 (安藤恭子、池田悌一)

 

【こちらは記事の前文です】

記事全文をご覧になりたい方は、東京新聞朝刊をご利用ください。
東京新聞は、関東エリアの駅売店、コンビニエンスストアなどでお求めいただけます。
「東京新聞電子版」なら全国どこでも、また海外でも、記事全文が紙面ビューアーでご覧いただけます。


購読・バックナンバーをご希望の方は「新聞購読のご案内」をご覧ください。

掲載日やキーワードから記事を探す「記事検索サービス」もご利用ください。

この記事を印刷する

PR情報