東京新聞のニュースサイトです。ナビゲーションリンクをとばして、ページの本文へ移動します。

トップ > 特報 > 特報一覧 > 記事

ここから本文

【特報】

慰安婦問題の日韓合意「誤り」 文大統領の主張を考える

 韓国の文在寅(ムンジェイン)大統領は年頭記者会見で、慰安婦問題の日韓合意を「誤り」と述べ、解決には日本側が「真実を認める」「心を尽くして謝罪」などが必要との見解を示した。この新方針に対し、日本政府はかたくなに合意の履行を求め、国内世論も、韓国側に冷淡な反応が大勢を占める。だが、国連の各委員会は、合意後の日本政府の対応をたびたび問題視してきた。果たして日本は、合意を十分に履行していると言えるのか。文大統領の主張を検証する。 (片山夏子、佐藤大)

 

【こちらは記事の前文です】

記事全文をご覧になりたい方は、東京新聞朝刊をご利用ください。
東京新聞は、関東エリアの駅売店、コンビニエンスストアなどでお求めいただけます。
「東京新聞電子版」なら全国どこでも、また海外でも、記事全文が紙面ビューアーでご覧いただけます。


購読・バックナンバーをご希望の方は「新聞購読のご案内」をご覧ください。

掲載日やキーワードから記事を探す「記事検索サービス」もご利用ください。

この記事を印刷する

PR情報