東京新聞のニュースサイトです。ナビゲーションリンクをとばして、ページの本文へ移動します。

トップ > 特報 > 特報一覧 > 記事

ここから本文

【特報】

アニメを見て考える憲法と平和 「サイボーグ009 太平洋の亡霊」の辻真先さんインタビュー

 一九六八年に放映されたテレビアニメ「サイボーグ009」の第十六話「太平洋の亡霊」。エンターテインメントながら、反戦平和を題材にとり、作中に憲法九条が流れる演出で、憲法や平和について考えさせる名作として今も語り継がれている。脚本を書いたのは、「サザエさん」「デビルマン」など多数のヒットアニメを手掛けた辻真先さん(85)。そんな辻さんの目には、安倍政権が改憲論議を国民に迫る今はどう映るのか。「太平洋の亡霊」に込めた思いを語ってもらった。 (橋本誠)

 

【こちらは記事の前文です】

記事全文をご覧になりたい方は、東京新聞朝刊をご利用ください。
東京新聞は、関東エリアの駅売店、コンビニエンスストアなどでお求めいただけます。
「東京新聞電子版」なら全国どこでも、また海外でも、記事全文が紙面ビューアーでご覧いただけます。


購読・バックナンバーをご希望の方は「新聞購読のご案内」をご覧ください。

掲載日やキーワードから記事を探す「記事検索サービス」もご利用ください。

この記事を印刷する

PR情報