東京新聞のニュースサイトです。ナビゲーションリンクをとばして、ページの本文へ移動します。

トップ > 特報 > 特報一覧 > 記事

ここから本文

【特報】

終わらぬ「帝銀事件」

 帝国銀行支店で行員ら十二人が毒物を飲まされて殺された「帝銀事件」。著名な画家の平沢貞通・元死刑囚(一九八七年、九十五歳で獄死)が犯人とされた。獄中から冤罪(えんざい)を叫び、事件発生から七十年過ぎても名誉回復への動きが続く。本人が亡くなった今、中心となる弁護士は、先輩弁護士の遺志を継いで刑事裁判をもう一度やり直そうと意欲を燃やす。その前に司法の高い壁が立ちはだかる。 (佐藤大)

 

【こちらは記事の前文です】

記事全文をご覧になりたい方は、東京新聞朝刊をご利用ください。
東京新聞は、関東エリアの駅売店、コンビニエンスストアなどでお求めいただけます。
「東京新聞電子版」なら全国どこでも、また海外でも、記事全文が紙面ビューアーでご覧いただけます。


購読・バックナンバーをご希望の方は「新聞購読のご案内」をご覧ください。

掲載日やキーワードから記事を探す「記事検索サービス」もご利用ください。

この記事を印刷する

PR情報