東京新聞のニュースサイトです。ナビゲーションリンクをとばして、ページの本文へ移動します。

トップ > 特報 > 特報一覧 > 記事

ここから本文

【特報】

「セクハラは性差別」 70年代米国の歴史的裁判原告・アレキサンダー教授に聞く

 セクハラはなぜ許されないのか。一九七〇年代の米エール大学で教員からセクハラ被害にあった女子学生たちは、根底にあるのは男女差別だと訴えた。全米の大学がセクハラ対策に取り組むきっかけとなった有名な事件だ。セクハラが社会問題化した当初から、米国では人権問題ととらえられてきた。ひるがえって、日本はどうか。原告の一人で、現在は神戸大で教壇に立つロニー・アレキサンダー教授(62)に問題の本質を聞いた。 (安藤恭子、中沢佳子、中山洋子)

 

【こちらは記事の前文です】

記事全文をご覧になりたい方は、東京新聞朝刊をご利用ください。
東京新聞は、関東エリアの駅売店、コンビニエンスストアなどでお求めいただけます。
「東京新聞電子版」なら全国どこでも、また海外でも、記事全文が紙面ビューアーでご覧いただけます。


購読・バックナンバーをご希望の方は「新聞購読のご案内」をご覧ください。

掲載日やキーワードから記事を探す「記事検索サービス」もご利用ください。

この記事を印刷する

PR情報