東京新聞のニュースサイトです。ナビゲーションリンクをとばして、ページの本文へ移動します。

トップ > 特報 > 特報一覧 > 記事

ここから本文

【特報】

ウナギ資源保護待ったなし ウナギ稚魚放流へ

 岡山県の内陸にある村で、まちおこしに取り組む会社が、養殖向けに購入して間もないニホンウナギの稚魚の放流を計画している。生態などを追跡調査し、絶滅危惧種であるニホンウナギの持続可能な利用を目指す。一方、国内外から日本をめぐるシラスウナギの不透明な流通を問題視する報告が相次ぎ、近い将来、輸出入が規制される可能性も高まってきた。国も消費者も、ウナギの資源保護に真剣に向き合うべきではないか。 (皆川剛、白名正和)

 

【こちらは記事の前文です】

記事全文をご覧になりたい方は、東京新聞朝刊をご利用ください。
東京新聞は、関東エリアの駅売店、コンビニエンスストアなどでお求めいただけます。
「東京新聞電子版」なら全国どこでも、また海外でも、記事全文が紙面ビューアーでご覧いただけます。


購読・バックナンバーをご希望の方は「新聞購読のご案内」をご覧ください。

掲載日やキーワードから記事を探す「記事検索サービス」もご利用ください。

この記事を印刷する

PR情報