東京新聞のニュースサイトです。ナビゲーションリンクをとばして、ページの本文へ移動します。

トップ > 特報 > 特報一覧 > 記事

ここから本文

【特報】

牛久入管で相次ぐ自殺未遂 クルド人男性「頼った日本で自由奪われた」

 不法滞在で退去強制処分を受けた外国人を収容する東日本入国管理センター(茨城県牛久市)で四月、インド人男性が自殺した。これを皮切りに、少なくとも四人の被収容者が相次いで自殺未遂や自傷行為に及ぶ事態となっている。そのうちの一人で、トルコ国籍のクルド人の男性に面会取材した。男性は難民認定申請が認められないまま収容が続く絶望を口にした。 (皆川剛)

 

【こちらは記事の前文です】

記事全文をご覧になりたい方は、東京新聞朝刊をご利用ください。
東京新聞は、関東エリアの駅売店、コンビニエンスストアなどでお求めいただけます。
「東京新聞電子版」なら全国どこでも、また海外でも、記事全文が紙面ビューアーでご覧いただけます。


購読・バックナンバーをご希望の方は「新聞購読のご案内」をご覧ください。

掲載日やキーワードから記事を探す「記事検索サービス」もご利用ください。

この記事を印刷する

PR情報