東京新聞のニュースサイトです。ナビゲーションリンクをとばして、ページの本文へ移動します。

トップ > 特報 > 特報一覧 > 記事

ここから本文

【特報】

経団連会長が「就活ルール廃止」提案 学生たちの声は?

 経団連の中西宏明会長は三日、加盟社に就職活動の時期などを定めてきた「採用選考に関する指針」を、二〇二一年春以降入社の学生から廃止すべきだとの考えを明らかにした。この指針に基づき、現在の「就活ルール」は、会社訪問の開始が三月、面接解禁が六月となっている。廃止提案の背景には、外資系企業などに優秀な人材を奪われかねないとの危機感がある。だが、それはあくまでも企業側の都合。影響を受ける学生たちの思いを聞き、望ましい就活のあり方を考える。 (片山夏子、中沢佳子、学生インターン三人)

 

【こちらは記事の前文です】

記事全文をご覧になりたい方は、東京新聞朝刊をご利用ください。
東京新聞は、関東エリアの駅売店、コンビニエンスストアなどでお求めいただけます。
「東京新聞電子版」なら全国どこでも、また海外でも、記事全文が紙面ビューアーでご覧いただけます。


購読・バックナンバーをご希望の方は「新聞購読のご案内」をご覧ください。

掲載日やキーワードから記事を探す「記事検索サービス」もご利用ください。

この記事を印刷する

PR情報