東京新聞のニュースサイトです。ナビゲーションリンクをとばして、ページの本文へ移動します。

トップ > 特報 > 特報一覧 > 記事

ここから本文

【特報】

「社会通念」で再稼働 おかしい

 二つの裁判所が9月下旬、相次いで四国電力伊方原発(愛媛県)の再稼働を認めた。争点は「破局噴火」と呼ばれる超巨大噴火で生じるリスク。「社会通念」を根拠に「起きる確率が低いから、想定していなくても問題ない」と判断した。この社会通念という言葉は裁判の場に時々、登場し、「本質は裁判官の主観でしかない」と批判する法律家がいる。あいまいな物差しで原発を動かすべきではない。 (皆川剛、安藤恭子)

 

【こちらは記事の前文です】

記事全文をご覧になりたい方は、東京新聞朝刊をご利用ください。
東京新聞は、関東エリアの駅売店、コンビニエンスストアなどでお求めいただけます。
「東京新聞電子版」なら全国どこでも、また海外でも、記事全文が紙面ビューアーでご覧いただけます。


購読・バックナンバーをご希望の方は「新聞購読のご案内」をご覧ください。

掲載日やキーワードから記事を探す「記事検索サービス」もご利用ください。

この記事を印刷する

PR情報