東京新聞のニュースサイトです。ナビゲーションリンクをとばして、ページの本文へ移動します。

トップ > 特報 > 特報一覧 > 記事

ここから本文

【特報】

国籍法の二重国籍禁止規定は違憲と提訴 「元日本人」らの思い

 国民は、自己の志望によって外国の国籍を取得したときは、日本の国籍を失う−。国籍法一一条一項は、明治憲法下から引き継がれてきた二重国籍を禁止する規定だ。しかし、日本と外国の両方に愛着や国民意識を持つ人の間では、この規定への疑問の声が高まっている。今年三月に「同条項は国籍の自己決定権などを定めた憲法に違反する」と国を提訴し、今月九日に第二回口頭弁論を迎える原告の「元日本人」らに思いを聞いた。 (大村歩)

 

【こちらは記事の前文です】

記事全文をご覧になりたい方は、東京新聞朝刊をご利用ください。
東京新聞は、関東エリアの駅売店、コンビニエンスストアなどでお求めいただけます。
「東京新聞電子版」なら全国どこでも、また海外でも、記事全文が紙面ビューアーでご覧いただけます。


購読・バックナンバーをご希望の方は「新聞購読のご案内」をご覧ください。

掲載日やキーワードから記事を探す「記事検索サービス」もご利用ください。

この記事を印刷する

PR情報