東京新聞のニュースサイトです。ナビゲーションリンクをとばして、ページの本文へ移動します。

トップ > 特報 > 特報一覧 > 記事

ここから本文

【特報】

福島原発事故 甲状腺検査くすぶる「縮小論」

 東京電力福島第一原発事故後に福島県が行ってきた県民健康調査。その一環として事故当時十八歳以下の県民を対象に実施している甲状腺検査で、「縮小論」がくすぶり続けている。いったん沈静化していたが、昨秋、関係会合の委員が一新されると、「甲状腺がんは放っておいても悪さしない」「がん患者差別で苦しめるだけ」として、学校での受診の中止や超音波検査から触診への移行が主張されるようになった。議論の行方は福島県外で民間団体が行っている検査にも影響するとして、母親らが注視している。 (榊原崇仁)

 

【こちらは記事の前文です】

記事全文をご覧になりたい方は、東京新聞朝刊をご利用ください。
東京新聞は、関東エリアの駅売店、コンビニエンスストアなどでお求めいただけます。
「東京新聞電子版」なら全国どこでも、また海外でも、記事全文が紙面ビューアーでご覧いただけます。


購読・バックナンバーをご希望の方は「新聞購読のご案内」をご覧ください。

掲載日やキーワードから記事を探す「記事検索サービス」もご利用ください。

この記事を印刷する

PR情報