東京新聞のニュースサイトです。ナビゲーションリンクをとばして、ページの本文へ移動します。

トップ > 特報 > 特報一覧 > 記事

ここから本文

【特報】

国の受動喫煙対策が法施行前に骨抜き? フロア分煙容認へ

 昨年成立した改正健康増進法は、多数の人が利用する建物内を「原則禁煙」とするなど、受動喫煙防止対策を強化したはずだ。ところが、厚生労働省は二階以上ある施設なら、フロア全体を広く「喫煙室」とみなす「フロア分煙」を容認する方針を固めた。このフロア内では、加熱式たばこなら飲食だけでなく、パチンコなども可能という。二〇二〇年四月の本格施行を前に、そこで働く従業員や客の健康などそっちのけで、同法の「骨抜き」が進んでいる。 (片山夏子、安藤恭子)

 

【こちらは記事の前文です】

記事全文をご覧になりたい方は、東京新聞朝刊をご利用ください。
東京新聞は、関東エリアの駅売店、コンビニエンスストアなどでお求めいただけます。
「東京新聞電子版」なら全国どこでも、また海外でも、記事全文が紙面ビューアーでご覧いただけます。


購読・バックナンバーをご希望の方は「新聞購読のご案内」をご覧ください。

掲載日やキーワードから記事を探す「記事検索サービス」もご利用ください。

この記事を印刷する

PR情報