東京新聞のニュースサイトです。ナビゲーションリンクをとばして、ページの本文へ移動します。

トップ > 特報 > 特報一覧 > 記事

ここから本文

【特報】

「裁量労働制」拡大へ誘導? やり直し調査にも疑念 政府相次ぐデータ不正

 厚生労働省の不適切データ問題で、働き方改革関連法での拡大が削除された「裁量労働制」。そのやり直しの調査で、長時間労働などの問題点を小さく見せかねない設問が作られようとしていると、法政大の上西充子教授(労働問題)らが指摘している。折しも厚労省では、基幹統計の「毎月勤労統計」で不適切調査が明らかになったばかり。政府のずさんな調査は、なぜ後を絶たないのか。 (石井紀代美、榊原崇仁)

 

【こちらは記事の前文です】

記事全文をご覧になりたい方は、東京新聞朝刊をご利用ください。
東京新聞は、関東エリアの駅売店、コンビニエンスストアなどでお求めいただけます。
「東京新聞電子版」なら全国どこでも、また海外でも、記事全文が紙面ビューアーでご覧いただけます。


購読・バックナンバーをご希望の方は「新聞購読のご案内」をご覧ください。

掲載日やキーワードから記事を探す「記事検索サービス」もご利用ください。

この記事を印刷する

PR情報