東京新聞のニュースサイトです。ナビゲーションリンクをとばして、ページの本文へ移動します。

トップ > 東京

ここから本文

【東京】

写真

 大正時代から戦後復興期にかけて花街として栄えた尾久(荒川区)で芸者をしていた女性が、当時使っていた三味線を地元の専門店「三味線かとう」に寄贈した。歓楽街だった当時の面影を探すのが難しくなった尾久の街で、歴史を伝える資料として役立ててほしいと、託した。(7月23日) [→記事全文へ]

[写真]

三味線を寄贈した宮坂久子さん(左)と加藤金治さん=荒川区で

 
写真
[写真]

息のあった踊りを見せる踊り手たち=小金井市で

写真
[写真]

大腸菌の流入を止める効果が期待される水中スクリーン=港区で

 
 
 

PR情報

地域特集

 東京ほっと検定
 23区長が出題、解説をします。毎週水曜日に新しい問題を出題。あなたの知らない東京が見えてくる!
 

月別記事一覧



ピックアップ
Recommended by