東京新聞のニュースサイトです。ナビゲーションリンクをとばして、ページの本文へ移動します。

トップ > 東京 > 記事一覧 > 9月の記事一覧 > 記事

ここから本文

【東京】

「今も続く事故の影響見て」 あさってから中野で「福島映像祭」

「奪われた村避難5年目の飯舘村民」の一場面(豊田直巳監督提供)

写真

 東京電力福島第一原発事故後の福島を伝える映画や映像を集めた「福島映像祭2016」が十七〜二十三日、中野区の映画館「ポレポレ東中野」で開かれる。事故から五年半が過ぎ、避難指示が次々に解除される中、福島の今を見つめる。

 今年制作された四作品の他、市民による記録やテレビ番組を上映。映画監督と福島県飯舘村の酪農家のトークセッションなどもある。主催するNPO法人アワー・プラネット・ティービー代表の白石草(はじめ)さんは「避難解除や帰還の問題を抱える福島は、刻々と状況が変化している。今も続く事故の影響を見てほしい」と話す。

 豊田直巳監督の「奪われた村 避難5年目の飯舘村民」は、原発事故が村から何を奪ったのかを村人の証言を中心に映し出す。古居みずえ監督の「飯舘村の母ちゃんたち 土とともに」は仮設住宅で支え合いながら暮らす、へこたれない二人の女性の日常を描く。

 一回券は一般千五百円、六十歳以上千二百円、大学・専門学校生・障害者千円、高校生以下七百円。三回券は三千六百円。問い合わせはポレポレ東中野=電03(3371)0088=へ。 (片山夏子)

 

この記事を印刷する

東京新聞の購読はこちら 【1週間ためしよみ】 【電子版】

PR情報