東京新聞のニュースサイトです。ナビゲーションリンクをとばして、ページの本文へ移動します。

トップ > 東京 > 記事一覧 > 2月の記事一覧 > 記事

ここから本文

【東京】

憲法九条、平和 思い作品に 7日まで上野公園で美術展

平和への思いを込めた美術作品が並ぶ会場=台東区上野公園の都美術館で

写真

 憲法九条や平和への思いを込めた作品を展示する「第六回九条美術展」が、台東区上野公園の都美術館で開かれている。入場無料。七日まで。六日は休館。

 文化勲章を受章した画家の野見山暁治さんらが発起人となり二〇〇五年に発足した「九条美術の会」が主催した。平和を願い、憲法九条の大切さを考える趣旨に賛同する人は誰でも出展でき、今年は全国二百二十人の作品が並ぶ。

 「戦争させない」とストレートに絵の中に書いた作品もあれば、後ろ向きにたたずむ人を描き「不安な日常」という題で漠然とした恐れを表した絵もある。

 会の事務局長稲井田勇二さん(68)=葛飾区=は「生きているものをいとおしむ気持ちは各作品に共通していると思う。自分は憲法に守られて育った世代。どう次の世代につないでいくか考えなければ」と話した。 (神谷円香)

 

この記事を印刷する

東京新聞の購読はこちら 【1週間ためしよみ】 【電子版】 【電子版学割】

PR情報