東京新聞のニュースサイトです。ナビゲーションリンクをとばして、ページの本文へ移動します。

トップ > 東京 > 記事一覧 > 2月の記事一覧 > 記事

ここから本文

【東京】

千代田区長選 5選の石川さん抱負 「支援を区政に生かす」

当選確実となり、小池百合子知事(左)と握手する石川雅己さん=千代田区で

写真

 五日投開票された千代田区長選で、無所属現職の石川雅己さん(75)が五回目の当選を果たした。神田神保町の事務所で興奮気味にマイクを握り、「皆さんのご支援をしっかりと区政の場で生かしていきたい」と訴えた。

 午後八時すぎに事務所に現れた石川さん。当選確実の報に支持者らから「石川コール」が湧き、駆け付けた小池百合子知事と並んで晴れやかな笑顔で万歳三唱をした。

 石川さんは小池知事に対し、「このような勝利も大変なご支援のたまもの」と真っ先に感謝を口にした。「取り組んできた施策をしっかり伝え、守り育てていきたいということで評価してもらった」と選挙戦を総括し、「次代を担う子どものために施策をやっていく」と五期目の抱負を語った。

 石川さんは都福祉局長などを経て二〇〇一年の区長選で初当選した。

◆与謝野さん「心の準備が足りず」

 無所属新人の与謝野信(まこと)さん(41)は午後八時すぎに神田神保町の事務所に姿を見せ、「敗戦はひとえに私の不徳の致すところ」と支持者らに頭を下げた。選挙中は自民党の国会議員や区議が応援に駆けつけたが及ばず、「政治家としての心の準備が足りていなかった」と声を落とした。

◆五十嵐さん「支援を形にできず」

 無所属新人の五十嵐朝青(あさお)さん(41)は、神田小川町の事務所で支持者を前に「支援を形にできなかったことをおわびしたい」と陳謝。組織に頼らない選挙戦を展開し、区内を百キロ以上歩いて回ったといい、次回の区長選を念頭に「千代田区を良くしていく取り組みを続ける」と語った。

<開票結果>

当 16,371 石川雅己 無 現<5>

  4,758 与謝野信 無 新 

  3,976 五十嵐朝青 無 新 

  全票終了

 

この記事を印刷する

東京新聞の購読はこちら 【1週間ためしよみ】 【電子版】 【電子版学割】

PR情報



ピックアップ
Recommended by