東京新聞のニュースサイトです。ナビゲーションリンクをとばして、ページの本文へ移動します。

トップ > 東京 > 記事一覧 > 2月の記事一覧 > 記事

ここから本文

【東京】

<23区の予算案>中央区 「20万都市」へ基盤づくり

人口増に伴う小中学校の整備などについて説明する矢田美英区長

写真

 一月に人口が十五万人を超え、二〇二四年には二十万人を突破する見込みであることから、「二十万都市への幕開け」を新年度予算のテーマにした。一般会計は九百五十三億二千百万円(前年度比0・3%増)で過去最高となった。矢田美英区長は「都心にふさわしい基盤づくりに重点を置いた。教育環境を一段と充実させていきたい」と説明した。

 待機児童解消のため、認可保育所四園の開設準備経費や家賃の一部補助などに八億三千万円を計上し、約二百五十人の定員増を図る。全体の保育定員は一八年四月までに、一六年四月に比べ六百六十八人増の四千九百四十八人を目指す。

 晴海にできる二〇年五輪・パラリンピックの選手村は大会後、最大一万二千人が住む。三十学級規模の小学校と十五学級規模の中学校の整備に向け、基本設計など(三千九百二十一万円)に着手する。開校は二三年度。

 築約五十年の区役所本庁舎は老朽化や狭さが目立っており、新庁舎整備の調査、検討(約四百万円)を始める。 

  (北爪三記)

写真
 

この記事を印刷する

東京新聞の購読はこちら 【1週間ためしよみ】 【電子版】 【電子版学割】

PR情報



ピックアップ
Recommended by