東京新聞のニュースサイトです。ナビゲーションリンクをとばして、ページの本文へ移動します。

トップ > 東京 > 記事一覧 > 2月の記事一覧 > 記事

ここから本文

【東京】

<23区の予算案>中野区 保育所建設や改修支援

「保育所整備に力を入れる」と説明する田中大輔区長

写真

 認可保育所の誘致などのため、保育施設の改修補助費や建設費として二十七億七千万円を盛り込んだ。補正予算を合わせても十五億七千万円だった本年度から十二億円増やした。

 賃貸物件の場合は、改修補助対象額を現行の七千万円から一億四千万円に倍増させ、補助率も同八分の七から十六分の十五に引き上げる。新規に建設する際は、都の緊急対策事業を利用し、補助対象額を25%割り増しする。

 これにより、新年度に認可保育所十二カ所(約千二百人分)、小規模保育施設六カ所(約百人分)の新規開設を目指す。一六年度は千人分の整備を目標にしたが事業者が集まらず、開設は三百人分にとどまった。田中大輔区長は「整備を急がないといけない」と語った。

 他に、平和の森公園など四カ所の大規模公園の整備に三十八億八千万円、木造密集地域の弥生町と大和町の不燃化促進などに七億一千万円、中野駅周辺の整備に五億六千万円など。

 一般会計は、前年度比0・8%増の千二百九十三億四千六百万円。都市基盤費や子ども教育費の歳出が伸びた。(柏崎智子) 

写真
 

この記事を印刷する

東京新聞の購読はこちら 【1週間ためしよみ】 【電子版】 【電子版学割】

PR情報



ピックアップ
Recommended by