東京新聞のニュースサイトです。ナビゲーションリンクをとばして、ページの本文へ移動します。

トップ > 東京 > 記事一覧 > 2月の記事一覧 > 記事

ここから本文

【東京】

小池知事 多摩と島しょ部39市町村 全首長と意見交換開始

 小池百合子知事は十日、多摩地域と島しょ部計三十九市町村の全首長との意見交換を都庁で始めた。二十一日まで一人一人と順次、面会する。市町村から出た意見は、多摩・島しょ部の振興策に反映させる。

 時間は一人当たり二十分。初日は東大和市、日の出町、檜原村、青ケ島村の四市町村長が面会した。尾崎保夫・東大和市長は、市内にある戦災遺跡「旧日立航空機変電所」の保存などへの協力を要請。菊池利光・青ケ島村長は「船やヘリの直行便はない。観光客に来てもらうためにも港湾整備をお願いしたい」と要望した。

 小池知事は、戦災遺跡の保存に関し、インターネットを通じて資金を募る「クラウドファンディング」の活用を提案。

 青ケ島村の要望には「港湾は島の生命線。船の就航率の向上を目指し、岸壁の整備に引き続き取り組む」と答えた。

 小池知事は昨年十二月、五十七の業界団体から公開で予算要望を聞いた。今回の意見交換もほぼ同様の形で行われる。都知事が首長一人一人と会うのは異例で、七月の都議選を見据えた取り組みとの見方もある。

 

この記事を印刷する

東京新聞の購読はこちら 【1週間ためしよみ】 【電子版】 【電子版学割】

PR情報



ピックアップ
Recommended by