東京新聞のニュースサイトです。ナビゲーションリンクをとばして、ページの本文へ移動します。

トップ > 東京 > 記事一覧 > 2月の記事一覧 > 記事

ここから本文

【東京】

ものづくり体験の観光ルートを発表 墨田の中学生ら

観光ルートを説明する両国中の生徒ら=両国観光案内所で

写真

 墨田区のものづくりを地元中学生らが体験し、観光ルートを作る「すみだものづくり修楽旅行づくりプロジェクト」の商品発表会が十一日、両国観光案内所(横網一)で行われた。

 都産業労働局の地域資源発掘型実証プログラム事業の一環。両国中、帝京大、桜美林大で学ぶアメリカとカナダの留学生ら計二十八人が参加した。

 区内での三回のワークショップを通じ、オリジナルノートや革製コインケースなどのものづくりを体験、三チームが観光コースを発表した。

 プロジェクト実行委員長の藤田悟墨田区観光協会事務局長(60)は「墨田区のものづくりを観光に結び付けようとしてきたが、今回、中学生、大学生、留学生とそれぞれの視点で考えてもらうことで、新たな区の魅力に気付かされた。今後の商品作りに生かしたい」と話した。

 

この記事を印刷する

東京新聞の購読はこちら 【1週間ためしよみ】 【電子版】 【電子版学割】

PR情報



ピックアップ
Recommended by