東京新聞のニュースサイトです。ナビゲーションリンクをとばして、ページの本文へ移動します。

トップ > 東京 > 記事一覧 > 2月の記事一覧 > 記事

ここから本文

【東京】

<23区の予算案>足立区 不登校の子の対応強化

「協創」をスローガンにした予算案の説明をする近藤弥生区長

写真

 不登校の子どもへの対応で、教育相談課に教育や心理の専門知識を持つ職員を新たに一人採用し、家庭での実態把握に乗り出す。中学生で特に困難を抱える子が多いため、スクールソーシャルワーカーを区内の全三十五中学校に配置する。

 近藤弥生区長は「漠然と学校に行きたくない子も多いと聞く。相談に来ていない家庭も相当あるはず」と述べ、不登校対策に二千三百六十万円を計上した。

 子どもの貧困対策では、中学に入る際の低所得世帯への就学援助について、支給時期を七月から入学前の二月下旬に前倒しする。制服やカバンなどの購入に充ててもらう。支給額は約二万六千円で変わらない。

 安全なまちづくりのため、千住地域に多い木造住宅密集地の整備に千三百万円を計上。道路幅を六メートルに広げ、公園や広場を増やす。五反野駅前通りの無電柱化や、「千住龍田町防災ひろば」の災害用の深井戸整備にも着手する。

 一般会計は二千七百四十一億四千二百万円。小中学校の改築や私立保育園の施設整備で、前年度比十一億円の増額となった。 (一月三十一日発表、神谷円香)

写真
 

この記事を印刷する

東京新聞の購読はこちら 【1週間ためしよみ】 【電子版】 【電子版学割】

PR情報



ピックアップ
Recommended by