東京新聞のニュースサイトです。ナビゲーションリンクをとばして、ページの本文へ移動します。

トップ > 東京 > 記事一覧 > 2月の記事一覧 > 記事

ここから本文

【東京】

<23区の予算案>千代田区 2区有地に認可保育所

保育環境の充実などを語る石川雅己区長

写真

 区有地二カ所を活用し、二〇一八年度以降の開設を目指して私立の認可保育所を整備する。旧和泉橋出張所(神田岩本町、二百五平方メートル)と区立地蔵橋西児童遊園(神田美倉町、三百四十五平方メートル)で、区有地の用途変更による保育所の整備は初めてという。四月に運営事業者を公募する。

 これまでは、開設する場所を運営事業者が探す方式だった。昨年四月の公募で応募がなく、区が土地の確保に乗り出した。関連予算は旧和泉橋出張所の解体費九千三百万円など。

 保育士確保の支援では、区内に保育所を開設する事業者が、六カ月前から実施する研修経費を助成する。五百万円を盛り込んだ。

 区は、昨年四月の保育定員千九百五十三人に対し、一九年度までに五百人増やすことを目指している。

 石川雅己区長は「未来へ向けてよりよい社会をつくる『人』をつくるため、子育て支援に力を入れた」と話した。

 二〇年の東京五輪・パラリンピックに向けた取り組みでは、北の丸公園周辺地域整備として、区立九段坂公園や代官町通りなどの回遊性を高めるため、設計・工事費一億二千万円を計上した。 (北爪三記)

写真
 

この記事を印刷する

東京新聞の購読はこちら 【1週間ためしよみ】 【電子版】 【電子版学割】

PR情報



ピックアップ
Recommended by