東京新聞のニュースサイトです。ナビゲーションリンクをとばして、ページの本文へ移動します。

トップ > 東京 > 記事一覧 > 2月の記事一覧 > 記事

ここから本文

【東京】

昨年の台東区への観光客 5000万人、初の突破

 台東区は二十四日、昨年一年間に区内を訪れた観光客数は五千六十一万人で、調査を始めた二〇〇四年以降、初めて五千万人の大台を突破したと発表した。外国人観光客数も過去最高の八百三十万人を記録した。

 調査は二年に一度で、前回の一四年より五百五十七万人増えた。外国人観光客が三百四万人の大幅増となったことが全体の数字を押し上げた。都産業労働局によると、統計のとり方は違うが、都内全体の観光客数(一五年)は外国人が千百八十九万人、日本人が五億一千六百万人。都内を訪れる外国人観光客の多くが、台東区を訪れている。

 台東区の外国人観光客を地域別で見ると、韓国や中国などの東アジアが38・4%と最も多く、東南アジア15・7%、欧州19・1%、北米14・6%と続いた。

 日本を訪れた外国人観光客全体は、東アジアからが72・7%(昨年、日本政府観光局調べ)と突出していたが、台東区は地域が比較的、分散していた。 (神谷円香)

 

この記事を印刷する

東京新聞の購読はこちら 【1週間ためしよみ】 【電子版】 【電子版学割】

PR情報



ピックアップ
Recommended by