東京新聞のニュースサイトです。ナビゲーションリンクをとばして、ページの本文へ移動します。

トップ > 東京 > 記事一覧 > 2月の記事一覧 > 記事

ここから本文

【東京】

戦争物語る便り210点 新宿・平和祈念展示資料館で企画展

シベリアに抑留された山本幡男さんが家族に宛てて書いたはがき

写真

 新宿区の平和祈念展示資料館(西新宿二、新宿住友ビル四十八階)で、戦中戦後に交わされたはがきや手紙など約二百十点を展示する企画展「手紙が語る戦争」が三月二十六日まで開かれている。

 シベリア抑留で死亡した日本人の遺書を仲間が手分けして暗記し、遺族に伝えた実話を基にした、作家の辺見じゅんさんのノンフィクション「収容所(ラーゲリ)から来た遺書」のモデルが書いたはがきが展示されている。

 山本幡男(はたお)さんがシベリア抑留中の一九五三年一月十六日、日本の家族に出した「俘虜(ふりょ)用郵便葉書」だ。

 「色々と困難も多かろうが…今度相会う日を楽しみに…生き抜いてください」と記している。

 出征前に東宝劇場の美術担当だった漫画家の斎藤邦雄さんが、妹に宛てたはがきには自画像が描かれている。「この絵は俺に似てるか。何しろ想像画だ。六十六キロまで太っている。安心してくれ」とある。

 軍隊での生活を「頭の中は空っぽさ。何も考えもせず、また欲も起きない」。「馬と兵隊」と題した絵が添えられたはがきは、馬小屋を描いた部分が軍の機密に触れたとみられ、墨で塗りつぶされている。

 一九四三年から翌四四年までの約三百日間で、満州に出征していた池田洋平さんが、国内の家族に出した百五十通以上の「軍事郵便葉書」も展示されている。家族を心配したり、おいの成長を想像したりする様子がうかがえる。

 

この記事を印刷する

東京新聞の購読はこちら 【1週間ためしよみ】 【電子版】 【電子版学割】

PR情報