東京新聞のニュースサイトです。ナビゲーションリンクをとばして、ページの本文へ移動します。

トップ > 東京 > 記事一覧 > 3月の記事一覧 > 記事

ここから本文

【東京】

<熱球譜>堅実な4番 最後の夏へ成長誓う 日大三・金成麗生内野手(3年)

写真

 走者なしで迎えた三回の第2打席。体勢を崩されながらも、外角の直球をしぶとく左前に運んだ。甲子園で放った初ヒットはこだわりを体現する一打となった。

 193センチ、101キロ。小倉全由監督が「でっけえなあ」と何度もつぶやいてしまうその体格は、出場選手の中で最も大きい。周囲は豪快な放物線を期待するが、大柄なスラッガーが追い求めているのは堅実さだ。

 「力んで本塁打を狙うより、リラックスしてヒットを打とうとした方が確率が高いので」。強力打線の中心を担うからこそ、打点や得点圏打率を意識する。

 十八日のフリー打撃でも低い打球ばかりを飛ばしていた。それだけに練習の成果を感じられる一振りとなったが、「もっと引きつけてパチンと強く打たないと」。反省点ばかりが口をついた。理想の4番を「チームの流れや球場の雰囲気をバットで変えられる人」と表現する。その通りにはいかなかったかもしれない。それでも大観衆の前でしっかりと存在感を示した。

 厳しい冬のトレーニングを乗り越えた自負から「正直もっと上位まで行けると思っていた」。だが、厳しい現実に「全国レベルは高い」と自分に言い聞かせるようにつぶやいた。

 最後の夏に向けて再スタートを切る。「狙った球を一発で仕留められるようにならないと」。甲子園で収穫した果実を肥やしに、さらに大きく成長してみせる。 (加藤健太)

 

この記事を印刷する

東京新聞の購読はこちら 【1週間ためしよみ】 【電子版】 【電子版学割】

PR情報



ピックアップ
Recommended by