東京新聞のニュースサイトです。ナビゲーションリンクをとばして、ページの本文へ移動します。

トップ > 東京 > 記事一覧 > 4月の記事一覧 > 記事

ここから本文

【東京】

児童文学者・石井桃子さん資料集で紹介 中野区の東京子ども図書館

石井桃子さんの写真などをまとめた資料集

写真

 今年、生誕百十年を迎えた児童文学者の石井桃子さん(一九〇七〜二〇〇八年)と縁が深い「東京子ども図書館」(中野区)が、石井さんの肖像や自筆色紙の写真などをまとめた資料集を作った。他の図書館や文庫がフェアで石井さんの作品を紹介する際に写真を探す手間などを省いたり、ファンに持っていてもらったりしようと、一部三百円で販売している。

 石井さんは現在のさいたま市浦和区出身。六人きょうだいの末っ子として育った子ども時代をつづった「幼ものがたり」、「ノンちゃん雲に乗る」といった作品を残した。「くまのプーさん」や「ちいさなうさこちゃん」シリーズなどを翻訳し、国内に紹介した功績でも知られる。子ども向け図書館を先駆的に導入した米国などで学び、五八年に杉並区の自宅に開いた「かつら文庫」は、東京子ども図書館の母体になった。

 資料集には、石井さんが編集者だった頃の肖像や自筆色紙、かつら文庫の写真などを掲載。図書館のスタッフが来館者に説明できるよう、石井さんの足跡や作品について説明した解説文も付け、A4判八ページにまとめた。

 資料集を購入した図書館にも好評だ。石井さんの紹介コーナーを設けた葛飾区立中央図書館の司書、吉村悦子さんは「手軽に写真資料を入手でき、より興味を持ってもらえる内容になった」と話す。

 購入は、電話などで東京子ども図書館に申し込む。問い合わせは同図書館=電03(3565)7711=へ。 (小林由比)

 

この記事を印刷する

東京新聞の購読はこちら 【1週間ためしよみ】 【電子版】

PR情報