東京新聞のニュースサイトです。ナビゲーションリンクをとばして、ページの本文へ移動します。

トップ > 東京 > 記事一覧 > 4月の記事一覧 > 記事

ここから本文

【東京】

国営昭和記念公園でチューリップ見ごろ 29日は無料

色とりどりの花を咲かせたチューリップ=国営昭和記念公園で

写真

 国営昭和記念公園(立川、昭島両市)で、チューリップが見頃を迎えた。約二万四千平方メートルのチューリップガーデンに二百三十種類、二十三万球が植えられていて、今週末ごろまで楽しめる。

 白い花弁の端がレースのようになったものや、豪華な雰囲気の赤の八重咲きなど、色も形も多種多様な花が咲き誇り、大勢のカメラ愛好者らがレンズを向けていた。母と娘と三人で来園した国立市の池田祐子さん(63)は「一面にカラフルな花が広がって、春の訪れを感じられる」と喜んだ。

 入園料は四百十円(十五歳以上)。「昭和の日」の二十九日は無料。 (林朋実)

 

この記事を印刷する

東京新聞の購読はこちら 【1週間ためしよみ】 【電子版】 【電子版学割】

PR情報