東京新聞のニュースサイトです。ナビゲーションリンクをとばして、ページの本文へ移動します。

トップ > 東京 > 記事一覧 > 5月の記事一覧 > 記事

ここから本文

【東京】

たばこ悩まずおいしい食事 受動喫煙対策の54店 港区が冊子、無料配布

写真

 港区は、受動喫煙の防止に取り組む飲食店を紹介する冊子「港区 煙(たばこ)のないレストラン」(A4判カラー、九十六ページ)を発行した。二万一千部作製し、区内の公共施設やホテルなどで無料配布している。

 冊子は、「敷地内禁煙」「建物内禁煙」「店舗内禁煙」「完全分煙」といった対策レベル別に和洋五十四店を紹介。交通アクセスや営業時間、定休日などに加え、店のこだわりやお薦めメニューなどを写真と共に紹介している。

 同区には二十三区で最多の約一万五千の飲食店があり、区は二〇〇三年から受動喫煙対策を進める店を優良施設として評価する取り組みを続けている。区健康推進課は「禁煙化、分煙化をためらう店も多い。店を応援する思いで冊子を作った」と話した。 (梅村武史)

 

この記事を印刷する

東京新聞の購読はこちら 【1週間ためしよみ】 【電子版】 【電子版学割】

PR情報