東京新聞のニュースサイトです。ナビゲーションリンクをとばして、ページの本文へ移動します。

トップ > 東京 > 記事一覧 > 7月の記事一覧 > 記事

ここから本文

【東京】

バリ舞踊「ケチャ」体感して 来月2〜6日に西新宿でまつり

芸能山城組が演じる「ケチャ」(昨年のまつりから)

写真

 インドネシア・バリ島の舞踊「ケチャ」など、世界の伝統芸能を披露する「芸能山城組ケチャまつり」が八月二〜六日、新宿三井ビルディング55HIROBA(新宿区西新宿)で開かれる。

 バリ島の農民に伝わるケチャは円陣を組んで座った男性の「チャッ、チャッ」という合唱に乗せ、踊り手がインドの叙事詩「ラーマーヤナ」の物語を演じる。芸能山城組は学生合唱団が前身。世界の音楽を研究する中でケチャと出合い、一九七四年に発足して以来、各地でライブを続けている。

 まつりは四十二回目。バリ島の打楽器「ガムラン」や東北地方の太鼓の演奏、ブルガリアやジョージアの合唱、メンバーによる民族楽器の手ほどきなどもある。

 二日は午後三時、三〜六日は正午ごろからで終了はいずれも午後八時半すぎ。入場無料、小雨決行。問い合わせは実行委員会=電03(3366)4741=へ。 

  (中村信也)

 

この記事を印刷する

東京新聞の購読はこちら 【1週間ためしよみ】 【電子版】 【電子版学割】

PR情報