東京新聞のニュースサイトです。ナビゲーションリンクをとばして、ページの本文へ移動します。

トップ > 東京 > 記事一覧 > 9月の記事一覧 > 記事

ここから本文

【東京】

町田市長・市議選 来年2月25日投開票 市民モデル公募、市がPR

 町田市選挙管理委員会は、任期満了に伴う市長選と市議選を、来年2月18日告示、同25日投開票と決めた。

     ◇

 町田市長選、市議選の投票率アップに一役買ってもらおうと、市選管は「イメージモデル」を有権者から募集する。政令市などでタレントを起用して選挙をPRする例は多いが、「市民モデル」は珍しい試み。

 イメージモデルは市のポスターや動画に出演するほか、イベントなどで投票を呼びかける。11月以降の数日間、ボランティアで協力してもらう。

 募集は若干名で、応募資格は市在住、在勤、在学の18〜29歳の男女。書類審査と面接で選考する。男女ペアやグループで選ぶこともあるという。

 市選管事務局は「投票率が低い20代の共感を集められる人に」と話す。市ホームページなどから申し込みの用紙を入手し、必要事項を記入して市選管事務局に郵送または持参する。締め切りは10月4日午後5時(必着)。

 前回と同様、両選挙をPRするキャッチコピーも公募する。投票を促す20字以内の標語で、応募資格に年齢制限はない。募集期間は15日〜10月13日。問い合わせは市選管事務局=電042(724)2168=へ。 (栗原淳)

 

この記事を印刷する

東京新聞の購読はこちら 【1週間ためしよみ】 【電子版】 【電子版学割】

PR情報