東京新聞のニュースサイトです。ナビゲーションリンクをとばして、ページの本文へ移動します。

トップ > 東京 > 記事一覧 > 9月の記事一覧 > 記事

ここから本文

【東京】

子育て世代の情報源に 文京区と社協、地域SNS運営ベンチャーと協定

地域SNSで協定を結んだ成沢区長(中)と六人部代表取締役CEO(左)と小野沢事務局長=文京区で

写真

 文京区と同区社会福祉協議会(社協)は十三日、ベンチャー企業のマチマチ(目黒区)と、同社が提供する地域単位の会員制交流サイト(SNS)「マチマチ」の運営で協力する協定を結んだ。近隣者同士が情報交換するサイトに区などが関わることで、多様な情報を住民に伝える。 (中村真暁)

 マチマチは昨年三月スタート。実名で利用、スマートフォンなどで近隣情報の発信や閲覧ができる。利用者は全体の七割以上を二十六〜四十五歳が占め、子育て世代が多い。協定を結んだ自治体は渋谷、豊島区に続いて三件目で、社協が加わるのは初めて。

 協定では、区と社協がサイトに行政やNPO、市民団体の情報を発信。チラシなどでは届けきれない情報を、必要としている人に届ける。地域の情報収集にもつなげる。

 協定に署名する式が同日、区内であり、成沢広修(ひろのぶ)区長は「限定的にしか伝えられていない情報が、より知られれば」、社協の小野沢勝美事務局長は「NPOや住民による情報を合わせれば、重層的な情報源になる」と、サイト活用への期待を述べた。マチマチの六人部生馬(むとべいくま)代表取締役最高経営責任者(CEO)は「近所とのつながりが難しくなっている。サイトはコミュニティーに入るツールになる」とアピールした。

 

この記事を印刷する

東京新聞の購読はこちら 【1週間ためしよみ】 【電子版】 【電子版学割】

PR情報