東京新聞のニュースサイトです。ナビゲーションリンクをとばして、ページの本文へ移動します。

トップ > 東京 > 記事一覧 > 9月の記事一覧 > 記事

ここから本文

【東京】

待機児追加対策 杉並の都有地に保育所 都、設置企業に備品補助増も

 小池百合子知事は十五日の定例記者会見で、待機児童の解消に向けて追加対策を行うと発表した。企業が設置する保育所の備品補助などを増やす。杉並区西荻北二の都有地を活用し、来年四月に保育所を開設することも明らかにした。

 追加対策の予算は約三十五億円で、本年度予算から支出する。企業が設置する保育所には、室内遊具や防犯カメラなど備品の補助金を増やしたり、保育士の給与アップのための補助金を支出したりする。認可保育所と認証保育所へは、監視モニターなどの導入に補助金を出し、子どもの安全対策を強化する。

 保育所を新設するのは、都水道局の用地。杉並区に貸し、区が認可保育所の運営事業者を公募で決めたという。都は、今後も活用できる都有地を探し、保育所を増やす。(榊原智康) 

 

この記事を印刷する

東京新聞の購読はこちら 【1週間ためしよみ】 【電子版】 【電子版学割】

PR情報



ピックアップ
Recommended by