東京新聞のニュースサイトです。ナビゲーションリンクをとばして、ページの本文へ移動します。

トップ > 東京 > 記事一覧 > 9月の記事一覧 > 記事

ここから本文

【東京】

西武多摩川線 来月開業100周年 29日から記念イベント

多摩川線開業100周年記念ヘッドマークのデザイン

写真

 西武鉄道(埼玉県所沢市)は、多摩川線の武蔵境駅(武蔵野市)と白糸台駅(府中市)の区間が十月に開業百周年を迎えるのを記念し、今月二十九日から特製ヘッドマーク付き列車の運行など、さまざまな企画を実施する。 (服部展和)

 二十九日〜十二月三十一日を「多摩川線開業百周年期間」とし、記念ヘッドマーク付き列車三編成を運行。十一月に創立百周年を迎えるグループ会社の伊豆箱根鉄道(静岡県三島市)とのコラボレーション企画として、同鉄道の車両と同じ白と青の外観にコラボヘッドマークを付けた列車一編成も運行する。旧駅舎や車両の写真入り記念乗車券(六枚一組九百円で千五百組限定)も、二十九日から多摩川線各駅などで販売を始める。

 十月二十九日には武蔵境駅でオリジナルラッピング電車やパネルの展示、子ども向け撮影会などの記念イベントを行う。ほかに「こども一日駅長体験」「改札鋏(きょう)でパッチンラリー」などを期間中に予定している。

 多摩川線は一九一七年十月二十二日、西武鉄道の前身の多摩鉄道が武蔵境−北多磨(現・白糸台)間で営業開始。一九年六月に常久(現・競艇場前)、二二年六月に是政まで延伸して現在の全六駅になった。

 問い合わせは西武鉄道お客さまセンター=電04(2996)2888=へ。

 

この記事を印刷する

東京新聞の購読はこちら 【1週間ためしよみ】 【電子版】 【電子版学割】

PR情報



ピックアップ
Recommended by