東京新聞のニュースサイトです。ナビゲーションリンクをとばして、ページの本文へ移動します。

トップ > 東京 > 記事一覧 > 9月の記事一覧 > 記事

ここから本文

【東京】

京王高尾線、来月開通50周年 人気路線の足跡たどる

 京王高尾線(北野−高尾山口駅)が開通して十月一日で五十周年を迎える。京王電鉄(多摩市)は、開業当時の写真などを印刷した記念乗車券を発行。高尾山口駅前の「高尾599ミュージアム」(八王子市高尾町)でパネル展を開き、国内外の観光客を運ぶ人気路線の半世紀をたどる。 (栗原淳)

 高尾線は同市南部を走る八・六キロの路線。多摩御陵の参拝者が利用した同社の御陵線(北野−御陵前駅)を前身とし、一九六七年十月一日に開通した。

 記念乗車券は台紙と乗車券七枚のセット。台紙は三つ折りで、広げると縦約二十一センチ、横四十五センチになる。表紙には昭和初めの御陵線沿線の見どころを案内する「京王電車沿線名所図会」を印刷。中面では高尾線の高架の建設風景、開業日の祝賀列車や現行車両の写真を紹介している。

 十月一日午前七時から午後五時まで、高尾山口駅前の特設売り場で三千セットを先行販売。二日からは高尾線各駅で計二千セットを販売する。いずれもなくなり次第終了。

 展示は十月九日まで。高尾線開業を伝える同社の社内報や写真資料などを公開する。開館時間は午前八時から午後五時(入館は午後四時半まで)。無料。

 九月三十日からは五十周年記念のスタンプラリーも実施し、高尾線各駅でスタンプを集めた乗客に先着で記念品を贈る。問い合わせは京王お客さまセンター=電042(357)6161=へ。

高尾線の今昔を伝える記念乗車券

写真
 

この記事を印刷する

東京新聞の購読はこちら 【1週間ためしよみ】 【電子版】 【電子版学割】

PR情報