東京新聞のニュースサイトです。ナビゲーションリンクをとばして、ページの本文へ移動します。

トップ > 東京 > 記事一覧 > 9月の記事一覧 > 記事

ここから本文

【東京】

「箏パフォーマンス」でソーラン節 「保坂優社中」がチャリティー公演

写真

 町田市の箏(こと)奏者、保坂優子さんが率いる「保坂優社中」の無料コンサートが十月十五日、町田市民ホール(森野二)で開かれる。

 「箏パフォーマンス」と題し、保坂さんの企画・演出で二年に一度のペースで開催している地元公演。市内と近隣の教室に通う生徒のほか、尺八の善養寺恵介さん、津軽三味線の佐藤通弘さんら一線で活躍するゲストが出演する。箏が演奏に加わるソーラン節の初披露など多彩なプログラムを用意する。

 保坂さんは半世紀のキャリアの中で、生田流宮城会の大師範として指導者育成に力を注ぐ傍ら、映画音楽やポップスを編曲してレパートリーに取り入れるなど箏の普及に努めてきた。近年はボランティア活動にも積極的に取り組み、市内の老人ホームなどを訪れている。保坂さんは「地域貢献とファンへの感謝の気持ちで演奏したい」と話す。

 正午開場、午後零時半開演。約八百六十席。会場に募金箱を置き、寄付金は市社会福祉協議会に届ける。問い合わせは優邦楽スタジオ=電042(732)2726=へ。 (栗原淳)

 

この記事を印刷する

東京新聞の購読はこちら 【1週間ためしよみ】 【電子版】 【電子版学割】

PR情報