東京新聞のニュースサイトです。ナビゲーションリンクをとばして、ページの本文へ移動します。

トップ > 東京 > 記事一覧 > 9月の記事一覧 > 記事

ここから本文

【東京】

女性やパリの絵画 素朴な陶芸作品も 銀座で稲場さん個展

写真

 金沢市を拠点に活動する美術家の稲場信也さん(47)の個展が二十六日、中央区銀座八のギャラリー「兜屋画廊」で始まった。十月一日まで。

 メディアで活躍する女性やパリをモチーフにした絵画作品のほか、素朴な味わいの陶芸作品を展示している。稲場さんは「絵画は女性のイメージなどを繊細なタッチで描いた。多くの人に見てほしい」とアピールしていた。

 稲場さんは金沢市出身。米国の大学でアートを専攻し、美術家としての活動をスタートさせた。現在、金沢市内に工房を持ち、絵画などの個展を国内外で開催している。

 展示は午前十一〜午後六時半(最終日は五時まで)。会期中は無休。入場無料。問い合わせは、兜屋画廊=電03(3571)6331=へ。

 

この記事を印刷する

東京新聞の購読はこちら 【1週間ためしよみ】 【電子版】 【電子版学割】

PR情報



ピックアップ
Recommended by