東京新聞のニュースサイトです。ナビゲーションリンクをとばして、ページの本文へ移動します。

トップ > 東京 > 記事一覧 > 9月の記事一覧 > 記事

ここから本文

【東京】

62歳、世界最高齢のオランウータン死ぬ 多摩動物公園

死んだボルネオオランウータンの雌「ジプシー」=19日(東京動物園協会提供)

写真

 日野市の多摩動物公園は二十八日、飼育されているボルネオオランウータンで世界最高齢の雌「ジプシー」が二十七日に死んだと発表した。六十二歳だった。死因は急性心不全。

 園によると、八月初めから口に出血が見られ、投薬による治療を続けていた。二十七日午後に全身麻酔で口腔(こうこう)内の検査と治療をしたが麻酔から覚めた後に容体が急変し、その後死亡した。

 ジプシーは開園した一九五八年にボルネオから来た。四匹の子を産み、国内で飼育されているボルネオオランウータン全三十三匹(二〇一六年末時点)のうち、十六匹がジプシーの血統。同種の平均寿命は約五十歳という。

 

この記事を印刷する

東京新聞の購読はこちら 【1週間ためしよみ】 【電子版】 【電子版学割】

PR情報



ピックアップ
Recommended by