東京新聞のニュースサイトです。ナビゲーションリンクをとばして、ページの本文へ移動します。

トップ > 東京 > 記事一覧 > 10月の記事一覧 > 記事

ここから本文

【東京】

<すぐそこに米軍 首都圏基地問題>「横田基地いらない」 福生の集会に600人

「横田基地返せ」とデモ行進する参加者たち=福生市で

写真

 米軍横田基地(福生市など)に反対する市民らによる「横田基地もいらない!沖縄とともに声をあげよう市民交流集会」が七日、福生市民会館で開かれ、約六百人が参加した。実行委の寉田(つるた)一忠事務局長は「日本のどこにも米軍基地を置くことは許さない」と力を込めた。 (林朋実)

 パネルディスカッションでは、横田基地問題を考える会、東京平和委員会、九条の会あきしま、横田基地の撤去を求める西多摩の会のメンバーが、住民アンケートの結果や基地機能強化の現状、横田基地に配備が計画されている新型輸送機オスプレイのこれまでの事故内容などを報告した。

 西多摩の会のメンバーでもある寉田事務局長は、危険性が高いとして沖縄では自治体ぐるみで反対運動が起きるパラシュート降下訓練が、二〇一二年から横田基地で恒常的に行われていることを指摘。「横田が良いように利用されている。横田でも沖縄のように反対しなければならない」と話した。沖縄の基地問題を追う三上智恵監督のドキュメンタリー映画「標的の島 風(かじ)かたか」の上映もあった。

 集会後、参加者たちは横田基地に面した国道16号沿いをデモ行進。「オスプレイ飛ばすな!横田基地返せ!」と声を張り上げた。

 

この記事を印刷する

東京新聞の購読はこちら 【1週間ためしよみ】 【電子版】 【電子版学割】

PR情報



ピックアップ
Recommended by