東京新聞のニュースサイトです。ナビゲーションリンクをとばして、ページの本文へ移動します。

トップ > 東京 > 記事一覧 > 10月の記事一覧 > 記事

ここから本文

【東京】

法被や学生帽姿で38校のOBら熱唱 新宿で旧制高寮歌祭

寮歌を合唱する旧制高校のOBら=新宿区で

写真

 戦後に廃止された旧制高校と帝国大予科の寮歌を後世に伝えようと、「全国旧制高校寮歌祭」が新宿区内で開かれた。三十八校のOBら約三百三十人が、そろいの法被や白線入り学生帽姿で寮歌を熱唱した。

 旧制高校OBらが二〇一一年に始め今回で七回目。北は北海道帝国大予科(現北海道大)から、南は台湾の台北帝国大予科(現台湾大)まで、全国からOBが集まった。

 参加者で最高齢の百二歳で八高(現名古屋大)出身の藤井照雄さん=世田谷区=は「寮歌を歌うと、日本を背負って立つ気持ちがよみがえってくる」と笑顔で語った。

 同祭の会長で二高(現東北大)の木幡功さん(85)=板橋区=は「寮歌祭には、元気だから来られる幸せ感がある」と話した。 (増井のぞみ)

 

この記事を印刷する

東京新聞の購読はこちら 【1週間ためしよみ】 【電子版】 【電子版学割】

PR情報