東京新聞のニュースサイトです。ナビゲーションリンクをとばして、ページの本文へ移動します。

トップ > 東京 > 記事一覧 > 10月の記事一覧 > 記事

ここから本文

【東京】

浅草寺・雷門 新しい屋根お目見え

シートの一部がはがされ、新しい瓦屋根の一部が現れた雷門=台東区で

写真

 老朽化した屋根のふきかえ工事中の浅草寺(台東区)の雷門は、今月から工事用シートが外され始め、新しい屋根が上から少しずつ姿を現している。

 六月から約九千五百枚の屋根瓦を交換するなどの工事を開始。足場が組まれ、大提灯(ちょうちん)などの部分を除き、雷門は白いシートに覆われた。シートには工事前の雷門の実物大写真がプリントされ、観光客は「仮設」の景観を楽しんできた。

 一九六〇(昭和三十五)年の再建から初の本格改修。工事をしている大成建設によると、シートを設置した足場の撤去、防鳥網の設置などを最後に行い、今月末に全ての作業を終える予定という。 (井上幸一)

 

この記事を印刷する

東京新聞の購読はこちら 【1週間ためしよみ】 【電子版】 【電子版学割】

PR情報