東京新聞のニュースサイトです。ナビゲーションリンクをとばして、ページの本文へ移動します。

トップ > 東京 > 記事一覧 > 10月の記事一覧 > 記事

ここから本文

【東京】

「世直し」語り化学反応!?23日、杉並で二人会 講談師・神田香織さん×コメディアン・松元ヒロさん

初共演する神田香織さん(左)と松元ヒロさん(オルタナプロジェクト提供)

写真

 講談師神田香織さんとコメディアン松元ヒロさんが、「平成世直し二人会」と題して23日、杉並区高円寺北2の「座・高円寺2」で初共演する。

 神田さんは、ジャズ講談や、照明・音響で演出した「立体講談」など独自の公演で活躍。漫画「はだしのゲン」や、チェルノブイリ原発事故の被害証言を集めたノーベル文学賞作家の作品などを講談にしている。 松元さんは、社会風刺コントグループ「ザ・ニュースペーパー」の結成に参加し、村山富市元首相役で人気を得た。1989年に独立し憲法を人間に見立ててユーモラスに描いたネタ「憲法くん」を20年語り続ける。

 初共演は、原発や米軍基地、安保法などへの疑問を訴えてきたイベント「オルタナミーティング」として実現した。主催するオルタナプロジェクトのプロデューサー大場亮さんは「当代きっての人気者2人がどんな化学反応を生み出すか、お楽しみに」と話す。

 演目は、神田さんの「哀(かな)しみの母子像〜米軍ジェット機墜落から40年」や松元さんの「憲法くん」など。開演は午後7時。料金は予約3800円、当日4300円。高校生以下はいずれも2000円。予約は事務局=フリーコール0800(123)4704=へ。

 

この記事を印刷する

東京新聞の購読はこちら 【1週間ためしよみ】 【電子版】 【電子版学割】

PR情報