東京新聞のニュースサイトです。ナビゲーションリンクをとばして、ページの本文へ移動します。

トップ > 東京 > 記事一覧 > 10月の記事一覧 > 記事

ここから本文

【東京】

世田谷区民 90万人を突破 20代中心に転入 子育て世代も増

 区部で人口が最多の世田谷区は、十四日現在で九十万二人となり、初めて九十万人を突破した。区は二十代を中心に転入者が多く、子育て世代も増えている。このまま推移すれば、十年後の二〇二七年に百万人を超え、四二年には百八万人になると推計している。

 区によると、一九三二年の区発足時の人口は約十七万三千人。五四年に五十万人を超え、その後は横ばいが続くが、九六年から再び増加に転じた。ここ数年は転入超過が目立ち、昨年は前年より九千二百四十六人増えた。

 区政策研究・調査課の担当者は「区内には大学が多く、単身者向けの手頃なアパート物件も充実している。公団住宅の建て替えなどに伴い、若い家族世帯も増えている」とみる。

 出生数は年間約八千人で自然増を維持しているが、三年後には死亡数の方が多くなる自然減となる見通し。同課は「二十五年後までの推計では人口は増えるが、それ以降は超高齢社会となるはず。子育て支援だけでなく高齢者の対策も必要だ」と話している。 (神谷円香)

 

この記事を印刷する

東京新聞の購読はこちら 【1週間ためしよみ】 【電子版】 【電子版学割】

PR情報