東京新聞のニュースサイトです。ナビゲーションリンクをとばして、ページの本文へ移動します。

トップ > 東京 > 記事一覧 > 11月の記事一覧 > 記事

ここから本文

【東京】

1964年の渋谷、VRで再現へ 五輪当時の写真募集

プロジェクト開始を発表した土屋代表理事(右)や萩本欽一さん(中)ら=渋谷区で

写真

 東京五輪が開かれた一九六四年の渋谷を、当時の写真と最新技術を使ってVR(仮想現実)で再現する「みんなで作るタイムマシン」プロジェクトが始まった。各家庭や会社に眠っている写真を募り、次の東京五輪がある二〇二〇年には、渋谷だけでなく、東京全域の六四年の街並み再現を目指す。 (神谷円香)

 プロジェクトに取り組む「一般社団法人1964TOKYO VR」は、ウェブサイトで写真の募集を開始。対象は五四〜七四年の渋谷周辺の写真で、当時の風景のほか、集合写真や記念写真の背景で街並みが分かるものも募っている。

 渋谷区や、同区に本社がある東急電鉄から四百枚ずつ提供された写真を基に、渋谷駅周辺の画像を試作したが、全方向からの写真がそろっていないため3D画像として完成していない。できるだけ忠実に再現するには、六四年前後の建物などをさまざまな角度から撮った多くの写真が必要となる。

 写真の提供は、ウェブサイトから。パソコンの作業に慣れない高齢者のため、作業を手伝うボランティアも募集する。記者会見で、日本テレビのプロデューサーで発起人の土屋敏男代表理事は「高齢者が持つ写真を若者が扱えば交流も生まれる。多くの世代が関わり、みんなの力を集めてできるプロジェクト」と意欲を語った。

 資金で協力する賛助会員も募る。個人の特別賛助会員第一号となったコメディアン萩本欽一さんも会見に出席し、「六四年はちょうど渋谷に住んで浅草に通っていた。ぜひ次は浅草の街並みも、絵などから江戸時代までさかのぼって作っても面白い」と話した。

 渋谷以外の写真も順次募る方針。詳細は「1964 TOKYO VR」のホームページで。

 

この記事を印刷する

東京新聞の購読はこちら 【1週間ためしよみ】 【電子版】 【電子版学割】

PR情報