東京新聞のニュースサイトです。ナビゲーションリンクをとばして、ページの本文へ移動します。

トップ > 東京 > 記事一覧 > 11月の記事一覧 > 記事

ここから本文

【東京】

日大三、7年ぶり13回目V 秋季都高校野球

秋季都高校野球大会で優勝し、応援席に向かって駆けだす日大三ナイン=神宮球場で

写真

 秋季都高校野球大会の決勝が五日、神宮球場であり、日大三が11−5で佼成学園に逆転勝ちし、7年ぶり13回目の優勝を飾った。日大三は来春の選抜甲子園大会出場を二年連続でほぼ確実にし、昨秋の都大会決勝で逆転サヨナラ負けした雪辱も果たした。

 日大三は3−4の劣勢で迎えた最終回、日置航主将(二年)がベンチで仲間に「意地を出して」と声を掛けた。先頭打者の1番、金子凌選手(二年)が四球で出塁すると、スタンドは「よっしゃー」と沸いた。

 4番の大塚晃平選手(二年)は「昨秋の決勝はベンチにいたけど、試合に出られなかった。絶対に勝ちたい」と内角直球を右翼に運び、勝ち越しの二塁打。さらに日大三は単打を重ね、一挙に8点を奪った。日置主将は「最後に集中して打て、自分たちの野球ができた」と喜びをかみしめた。

 一方、佼成学園にとっては、五十年ぶりに進んだ決勝。先制して中盤と終盤でも得点し健闘したが、及ばなかった。藤田直毅監督は「八回までいいゲームができたが、日大三と確実に何か大きな違いがあった」と悔しさをにじませた。 (増井のぞみ)

 

この記事を印刷する

東京新聞の購読はこちら 【1週間ためしよみ】 【電子版】 【電子版学割】

PR情報