東京新聞のニュースサイトです。ナビゲーションリンクをとばして、ページの本文へ移動します。

トップ > 東京 > 記事一覧 > 11月の記事一覧 > 記事

ここから本文

【東京】

青梅で来年初巡業 立田川親方がPR

「ぜひ見に来て」と巡業をPRする立田川親方(右)と浜中市長=青梅市役所で

写真

 青梅市で初めての大相撲地方巡業が、来年四月二十二日に開催される。日本相撲協会の立田川親方(元小結・豊真将)が六日、市役所を訪れ、浜中啓一市長に「地元の子どもたちに、力士と触れ合ってもらいたい」と話した。

 青梅場所は、幕内力士ら約二百八十人が参加して市総合体育館で開かれる。子どもたちとの稽古などもあり、本場所よりも力士を身近に感じられるという。

 立田川親方は「相撲人気が上がり、東京でも巡業の要望は多い。今は横綱が四人いて若手の力も上がってきた。ぜひじかに見てもらいたい」とアピールした。

 客席は三千三百席の予定。チケットの一般販売は来年一月八日〜四月二十日。市民は十一月十五日〜十二月二十二日に優先販売がある。問い合わせは主催の実行委員会=電03(6261)6134=へ。 (林朋実)

 

この記事を印刷する

東京新聞の購読はこちら 【1週間ためしよみ】 【電子版】 【電子版学割】

PR情報