東京新聞のニュースサイトです。ナビゲーションリンクをとばして、ページの本文へ移動します。

トップ > 東京 > 記事一覧 > 11月の記事一覧 > 記事

ここから本文

【東京】

「住民の声踏まえ施策進める」 葛飾区長 3選の青木さん

3選を決め支持者と万歳する青木克徳さん(中)=葛飾区で

写真

 十三日に開票された葛飾区長選(十二日投票)は、無所属現職の青木克徳さん(68)=自民、公明、民進推薦=が、無所属新人で住民団体「葛飾区庁舎建替え反対実行委員会」事務局長の木原敬一さん(64)=共産支持=との一騎打ちを制し三選を決めた。青木さんは「区民との協働を進め、より質の高い区政を」と決意を述べた。 (飯田克志)

 午前十時五十五分すぎ、同区立石の事務所に当選確実が伝えられると、拍手が起こり、青木さんは支持者らと万歳。「少子高齢化や安心安全の街づくりなど、多くの人から聞いた声を踏まえ、これまでの施策をさらに前に進める」とあいさつした。

 青木さんは、四年前の前回区長選(十万八千八十票)とほぼ同じ得票数。一方で、再開発する計画の京成立石駅北口地区での区庁舎建て替え反対に訴えを絞った木原さんは、前回の青木さんの対立候補より約一万三千票上積みしている。

 記者から庁舎建て替えについて問われた青木さんは「いろんな場面で説明してきたが、より幅広くお知らせして、ご意見をいただいて進める」と発言。広く情報提供をした上で進めていく姿勢を示した。

 敗れた木原さんは十月に出馬表明した。「時間が足りなかった。非常に残念」と述べた上で、「区庁舎建て替え反対への支持を広げられた。青木区政は区民より開発優先」とし、反対運動を続ける意向を明らかにした。

 投票率は、前回を1・95ポイント上回る43・61%。当日有権者数は三十七万二千三百二十九人(男十八万五千四百八十五人、女十八万六千八百四十四人)。

◆葛飾区長選確定得票

当107,794 青木克徳 無 現<3>

  50,126 木原敬一 無 新 

 

この記事を印刷する

東京新聞の購読はこちら 【1週間ためしよみ】 【電子版】 【電子版学割】

PR情報